協和建設工業株式会社

シートパイプ工法とは?

シートパイプ工法は、浅層部に非開削工法で吸水管(シートパイプ)を埋設する浅層引込暗渠工法として、水田をはじめとする農地の汎用化を図るために活用されています。近年、水田転作面積が拡大される中にあって、麦・大豆・野菜・飼料作物等の本格的生産に向けても最も基本的な農業生産基盤の整備として、排水対策が必要 不可欠です。重粘土転換畑にも適合する排水性に優れ、かつ低コストの暗渠排水技術がシートパイプ工法です。
シートパイプ工法は、従来の暗渠排水工法に比べ、その品質、機能性、施工性、経済性に大変優れています。

シートパイプの用途

  • 水田の農地汎用化整備のための暗渠排水
  • 水田、畑地、草地、湿田地の開発・改良のための暗渠排水
  • 干拓地などの除塩用暗渠排水(リーチング効果)
  • 施設園芸ハウスの暗渠排水
  • グラウンド、公園、ゴルフ場等の暗渠排水
シートパイプについて詳しくはこちら

お問い合わせ

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

0838-22-0928

【電話受付時間】 平日 9:00 ~ 17:00

お問い合わせ